×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1929年第三種郵便物認可 星 条 旗 新 聞 1964年(昭和39年)9月26日号 日曜 6号 (月刊)

星条旗新聞越南支社、敵攻撃により移転す!


本日のミッキーマウスクラブ
今月はムリョーレンタルサーバー・トクトクの奇襲を受け本部の撤退作業等ありましたが無事発刊する事が出来ました。
愛読して頂いている読者の皆様の為本紙特派員は命も惜しまぬ取材を敢行していきます!今日は我が国の西ドイツ駐留部隊からお手紙を頂きましたのでご紹介します『モ・リーヤ地区の戦闘を取材されている星条旗新聞特班員様、記事を楽しみにしてます(今回は無し?) 』(原文ママ)いえいえ今回もバッチリ取材してまいりました。これからも星条旗新聞をお楽しみに!
海兵隊とC−2マイクフォース
『ねぇ〜コットン装備って濡れると最悪だよねぇ〜』 「でもサラッとした肌触りが良いよね」 『そうね!多い日も安心♪』
それは何の話ですか…?
休憩中の米兵
『やっぱりポカリは浸透圧が違いますね!』 「何の話だ?」 『ウィンドウォッシャーですよ!』(実話)
海兵隊と第101空挺旅団兵士
『ったく雨だと銃が濡れるじゃねーか』 「イヤ、俺は装備が大事だね」 『イヤ、俺はプレーボーイが』 『イヤ、俺は平凡パンチが』 「イヤ、俺は投稿写真が」 『イヤ、俺はエロトピアが』 『イヤ、俺はアクションカメラが』 「イヤ、俺は…」
以下省略しました
12人を血祭りに上げた海兵隊
『町内で一番に確認殺害戦果を上げる子供になりたかった。これで回覧版にも載るかな?』
アメリカって回覧版あるんですか?
衝撃映像!軍隊内のシゴキに密着!
小隊内で問題が発生し小隊全員の連帯責任になり根性直しのプッシュアップが強要されましたが、勿論、微笑みデブの責任にはなりません。
この後は石鹸リンチに遭いました。
当然フィクションでリンチもシゴキもありませんw

星条旗新聞本社へ戻る