×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1929年第3種郵便物認可星 条 旗 新 聞 1964年(昭和39年)10月24日号 日曜日 8号 (月刊)

台風一過のデルタ地帯に我が軍、進軍せり!


本日のミッキーマウスクラブ
ミ・サト地区が未曾有の暴風雨により壊滅状態になり、急遽モ・リーヤ地区での戦闘を取材いたしました
戦闘により両親を亡くした孤児
後方基地で米軍兵士により
スクスクと育てられている。

「おい!かってにおれのしゃしんとるなよ」
『え?じゃあ、ガムあげるから』
「 がむ?なにいってんだよ、よのなか金だよ金!うつじょ!」
『・・・世知辛い世の中ですね』
「ばーか!くやしかったら、でかれんじゃーよんでこいよ!」
情報収集中の特殊部隊

「CIAからの情報によると 今日はデルタブルースらしいぞ」
『それはドコの部隊ですか?』
「うーんホオキパかバルクも固そうだな〜』
「それってCIAじゃなくてJRAですよね・・・?」
脱出の為スモークを炊く特殊部隊

「こちらBBQ!BBQ!オーバー」
『こんなんでヘリが確認できるんですか?』
「う〜んもうちょっと炭が必要かな」
『 BBQってバーベキューですか!』
戦闘準備中の兵士

緊迫した雰囲気の中でも、決して微笑みさんは、自分のスタイルを崩さず余裕で煙草をお吸いになっていらっしゃいました。
湿地帯をパトロール中の兵士

「かわぐっちひろしが〜♪」
『おい!そんな歌うたうな雰囲気が崩れるじゃないか!』
CIDGと米軍兵士

「うわ〜パンツまでビショビショだよ」
『オラ達はパンツはいでねぇよ』
「ノーパン健康法か?」
『うんにゃ、オラ達はふんどしだ』
記念撮影に興じるCIDG達

『オラ達キャンディーズみたいだべ?』
「ずいぶん古い事言いますね」
『古い?じゃあリボンだべ?』
「いや、少女隊だべ?」
『いや、わらべだべ?』
「いや、チャイルズだべ?」
『いや、後浦なつみだべ?』
・・・以下省略
スクープ!特殊部隊の試作装備を激写!!
同行致しました特殊部隊の隊長によるとタスマニア王国での戦闘のための試作品だそうです。
正体は焦って漂白剤に浸けてしまったアーモポーチです。良い子のみんなは、真似しないでねー♪

星条旗新聞本社へ戻る